YouTube Liveの作業用BGM & リラックス用BGMまとめてみた

こんにちは、Ken@エンジニア&投資家です。

最近「パレオな男」ブログで音楽は間違いなくメンタルにいい!という話を読みました。音楽セラピーを受けると標準のセラピーと比較して鬱や不安の症状が改善するという内容です。

では、どんな音楽がメンタルにいいのか?という話までは言及されていないのですが、自分に合った音楽がどんなものか色々試して探していきたいなと思いました。

とはいえ、自分で音楽をダウンロードしまくったりApple Music, Amazon MusicといったSubscription型の音楽サービスを登録する程お金をかけてまで探したくはないです(ケチですみません…)。

という方(主に私)のために、無料で色んな音楽を聴き流せるYouTube Liveの動画をご紹介したいと思います。

YouTube Live

「YouTube Live = 配信者が生中継するニコニコ生放送みたいなやつ」と思っていましたが、最近はこのサービスを使用して色んなコンテンツを垂れ流している配信者が増えてきました。その中に、音楽を配信し続けるYouTubeチャンネルがいくつか立ち上がっています。

「著作権大丈夫?」というのが気になりますが、日本音楽の場合はJASRACの定めた条件に従えば利用可能になります。以下が条件です。

  • 動画で使用する音源は自作したもの (自ら演奏、又は制作したもの)である。
  • 動画をアップロードするのはJASRACと許諾契約を締結している動画投稿サイトである。
  • 動画の内容が「特定の企業や商品、サービスを宣伝するもの」ではない。
  • 以下のいずれかに該当する
    • アップロードするのは「個人」である (企業や団体ではない)。
    • アップロードするのは「企業」や「団体」であるが、動画で使用する楽曲は内国曲のみである。

それを踏まえ、今回私が紹介するのは、こんな楽曲です。

  • 著作権の有る有名楽曲をピアノ等でアレンジ演奏している
  • YouTube (JASRACと許諾契約締結済み)
  • 商品・サービス販売への誘導をしない
  • 個人らしきチャンネル

名曲J-POPメドレー – Relaxing Piano Music

BGM channelさんの提供するJ-POP楽曲をピアノ演奏した音楽のライブ配信です。誰もが知っているであろう有名楽曲を全てピアノ演奏でアレンジしています。

有名楽曲なので「もう聞き飽きてるよ」となるのですが、改めてピアノで聞くとまた違った感動を感じることができます。「やっぱこの曲はいい曲だよな~」という気分になりますので、個人的にリラックス効果は高いと感じています。

Cozy Jazz & Bossa Nova Music With Fireplace

同じくBGM channnelさんが提供するライブ配信です。こちらはジャズの楽曲と暖炉の音を組み合わせた音楽を提供しています。

暖炉でパチパチと音を立てるのを聞くと何だか落ち着くんですよね。これにジャズを組み合わせるとかセンス良すぎ!音楽がメインなのですが、休憩がてら動画の炎メラメラを見るのもリラックスになると思います。至れり尽くせりですね…。

lofi hip hop radio

「ローファイヒップホップ」と読むらしいのですが、今密かに海外で話題になっている音楽ジャンルみたいです。lofiとはどんなものかというと、こちらのブログで概要がかかれていました。

lo-fi(ローファイ)とはlow fidelityの略で、ノイズなどが加えられ、どこか懐かしい雰囲気が漂う音楽のことを指します。Lo-fi Hip Hopとはそのローファイの要素があるヒップホップ音楽を一般に表します。力強く、うるさめの音楽になりがちなヒップホップですがローファイヒップホップはピアノが使われていたり、インストルメンタル(ヴォーカル無)なものも多く、比較的静かで集中を促すものが多いです。歌詞がある場合も暴力的や攻撃的なものよりも、詩的なものが多いです。

https://takafumikojima.com/2017/10/lofihiphop/

私が最初にYouTube Liveにハマったきっかけもこちらでした。作業に集中したいときにはlofiを聞きながら進めています。動画の内容は色々とバリエーションがあって、女の子が書き物してたり、アライグマ?がPCいじってたりしています。誰と一緒に頑張りたいかで選ぶのが良い(?)と思います。

最後に

以上が、私がおススメするYouTube Liveの作業用BGM & リラックス用BGMリストでした。

どの楽曲も自ら制作したり演奏したりしていると思うと、今後(いや、かなり前から?)音楽のビジネス形態はどんどん進化していってより自分に合った音楽を手に入れやすくなっていくのでしょうね。個人では音楽で生活していくのはかなり厳しい (私の両親も音楽関係の仕事のためよく言われていた) のですが、自ら自分の音楽を配信して収益化するプラットフォームが増えていくことで自身のスキルを活かす場がどんどん増えていくような気がします。

ということで、これからも新しい自分に合った音楽を見つけていって、私たちの生活やビジネスを改善していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です